東急ハンズららぽーと富士見店

店舗のイチオシ

【ららぽーと富士見店】ステンレスボトルのお手入れをしよう!

【ららぽーと富士見店】ステンレスボトルのお手入れをしよう!

こんにちは、ららぽーと富士見店キッチン担当の山谷です。

キッチンコーナーではお弁当箱や水筒など、

春の新生活に向けた商品をご用意しております。

今使っているモノや新しく購入したモノを

清潔に長く使い続けるために日頃のお手入れが大切ですね。

今回私がご紹介するのはステンレスボトルのお手入れ方法です。

《普段のお手入れ》

食器用の中性洗剤とスポンジを使ってパーツを洗います。

すすいだ後はよく水を切り十分乾燥させてくださいね。

ボトルの内側の洗浄には専用のスティックなどを使うと、

底まで綺麗に洗うことができますよ!

毎日使うものだから、ケア用品もしっかり揃えたいですね。

今回は使いませんでしたが、普段からあると便利なこちらも

ご紹介しておきます。

画像②.png

サンコーピカピカ細口ボトル洗い BO-31 グリーン

712円(税込)商品コード:4973381250356

激落ちボトル洗い伸縮(ビーズ)S-506

759円(税込)商品コード:4903320555846

マーナ エコカラット ボトル乾燥スティック K687 ホワイト

1,078円(税込)商品コード:4976404268734

アネスティ Karari ドライスティック L MA-1702 ホワイト

438円(税込)商品コード:4975970253618

《念入りなお手入れ》

(注意1

まず注意していただきたいのは、漂白剤の使用についてです。

漂白剤は酸化した汚れ、茶渋に効果的ですが、

その一方で、金属を腐敗させサビやすくてしまいます。

塩素系の漂白剤はステンレスボトルのお手入れには使用しないでください。

ただ金属の中でもステンレスには酸素系の漂白剤を使用することができます。

今回使用したのも、酸素系漂白剤です。

画像③.png

(注意2

酸素系漂白剤の使用の際はボトルの外側などには使用しないでください。

ボトルの種類によっては剥がしてはいけないステッカーや

アルミの塗装が剥がれてしまう事があります。

ボトルの本体の付けおきは内側だけにしましょう!

それでは実際にお手入れしてみましょう!

《 茶色い汚れ(茶渋)を落とそう! 》

(白い汚れが落ちるのかも検証しました)

画像④.png

酸素系漂白剤をぬるま湯にとかして30

(ぬるま湯500mlに対して小さじ1杯程度)

パッキンや蓋は外し、オケやボウルに

同様の割合でつけおきします。

画像⑤.png

同じく茶渋汚れや脱臭に効果的なのが、重曹です。

漂白剤ではなく、重曹を使う場合は

ぬるま湯に溶かして30

500mlのぬるま湯に対して大さじ1杯程度)

パッキンや蓋はオケやボウルに

同様の割合でつけおきします

①と②はどちらか1つで大丈夫です。

30分ったらよくすすぎます。

ボトルが濡れていると綺麗になったように思いますが、

乾いたらまだ茶色い。

悲しみながらボトルの水を菜箸と布巾で拭いていると...

落ちる!茶色い汚れがみるみる落ちる!

こすり洗いが必要だったようです。

普段のお手入れと同じようにボトルスティックや

スポンジでこすり洗いをしたボトルがこちら。

画像⑥.png

パッキンやフタの白い汚れは擦っても

なかなか落とすことができませんでした。

《 白い汚れ(カルキ、水垢)を落とそう! 》

(茶渋が落ちるのかどうかも検証しました。)

クエン酸は水垢や底にこびりついたカルキ汚れに効果的です。

ぬるま湯に溶かして(500mlに対して大さじ1杯程度)

3時間つけおきします。

パッキンや蓋はオケやボウルに同様の割合でつけおきします。

時間になったらよくすすいでみます。上の方の茶渋がまだ残っています。

擦ってもあまり落ちませんでした。

画像⑦.png

パッキンや蓋についていた白い汚れも少し薄くなっています。

パッキンの少し汚れが残っていたところは

スポンジでこすると落とすことができました。

細かいところも綿棒や爪楊枝、ブラシなどでこすると

落とすことができました。

固まっているカルキはボトル底の白い汚れも

つけ置きですっきりと落とすことができました。

今回、フタやパッキンにこびりついたカルキ汚れはところは

あまり落とすことができませんでした。

定期的にクエン酸を試してみようと思います。

画像⑧.png

画像⑨.png

★ポイント★

汚れの度合いと種類を見極める!

汚れの種類によって何を使ったらいいのか確認しましょう。

蓄積してしまった汚れはなかなか落ちないこともあります。

ボトルの内側•飲み口•パッキンの

茶色い汚れ(茶渋汚れ)』→酸素系漂白剤重曹

白い汚れ(水垢•カルキ汚れ)』→クエン酸

洗い終わったボトルやパーツは

よく水を切ってしっかりと乾かすことで

水による汚れや雑菌の繁殖を防ぎます。

気になる汚れは放置せず、

定期的にケアすることで、

落ちにくい汚れも少なく済みそうですね!

今お使いのボトルの洗浄に、

新しく買ったボトルのケアに、

ぜひお手入れ用品も一緒に揃えてみてはいかがでしょうか!

画像⑩.png

オキシクリーン(OXI CLEAN500g

638円(税込)商品コード:4582107955606

画像⑪.png

右:シャボン玉石けん 酸素系漂白剤 750g

495円(税込)商品コード:4901797033164

左:シャボン玉石けん シャボン玉重曹 680g

440円(税込)商品コード:4901797032273

中央:シャボン玉石けん クエン酸 300g

495円(税込)商品コード:4901797032235

HANDSKEEPER.png